産後 骨盤矯正の効果は?産後いつから受けられる?

産後骨盤矯正_ic

産後の腰痛や恥骨痛が辛い……。

体型がなかなか元に戻らない……。

妊娠・出産を経験した経産婦さんの多くが抱える産後の不調。実は筆者も、産後の腰痛は日常生活に支障が出るほど辛かったです。特に中腰状態での沐浴などは、妊娠・出産で弱った腰にとても負担がかかりました。

そんな辛い産後の症状は、「産後 骨盤矯正」で改善しましょう!

産後の骨盤矯正はよく耳にするけど、実際どんなことをするの?なぜ必要なの?という方も多いのではないでしょうか。この記事では、産後の骨盤矯正の効果やいつからできるのか?などについてご紹介いたします。

またマッサージとリラクゼーションの検索・予約サイト『EPARKリラク&エステ』に掲載しているサロンには、お子さま連れでマッサージを受けられるサロンもあるので、子育て中でも安心して施術が受けられます!

皆さまが最後までお読みいただいて、お得につらさを緩和することができたらうれしいです。

1.産後 骨盤矯正の効果

リンパマッサージ生理イメージ03

妊娠をすると、赤ちゃんを骨盤内で育て分娩時に骨盤を通りやすくするため、「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

そのホルモンの作用により、骨盤周りの靭帯や筋肉が緩み、骨盤が少しずつ開いていきます。開いた骨盤は、通常であれば産後徐々に閉じてきますが、産後は無理な体勢での抱っこや授乳等、通常よりも身体に負担をかける体勢も多く、骨盤がズレたり歪んだりした状態になってしまったり、産前の状態まで骨盤が戻らないということもあります。

その状態を放っておくと、腰痛や恥骨痛がおこったり、体型がいつまでも戻らなかったりすることもあるなど、さまざまな問題が生じやすくなります。

産後の骨盤矯正は、これらの症状を緩和する効果があるといわれています。

1-1.産後のトラブル(腰痛・恥骨痛等)の改善

産後、骨盤が歪んだり開いたりした状態で生活していると、体の筋肉を正しく使えず姿勢や歩き方が悪くなります。その状態が続くと、腰痛や恥骨痛や関節痛など身体のさまざまな箇所に支障が出てきます。

産後の代表的なトラブル症状を挙げてみます。

  • 腰痛
  • 恥骨痛
  • 関節痛
  • 尿漏れ
  • 冷え性
  • 便秘

これらのトラブルは、骨盤の歪みによる腰や恥骨などへの過度な負担、子宮や膀胱など骨盤内の臓器位置の変化、血行の悪化などが原因で引き起こされることがあります。このため、産後の骨盤矯正により、骨盤が正しい位置に戻ることで、上に挙げた産後のトラブルの改善効果が期待できるとされています。

自身でできる対策として、トコちゃんベルト等の骨盤ベルトを使うという方法もあります。ただ筆者は長い間骨盤ベルトを締めておくことができませんでした。着け方も難しく、骨盤ベルトの食い込みや出産で縫った場所が痛かったり、すぐにずれてしまったりしたからです。

1-2.産後体型戻しとダイエット効果

出産時に最大限に開いた骨盤が戻らないままでいると、下半身のサイズが大きくなって産後しばらくたって体重は減っているものの体型がまだまだ妊婦さん……という状態になってしまうこともあります。また、骨盤が開いた状態が続くと、胃や腸などの内臓が下垂しやすい状態となり、下腹部がぽっこりと出やすくなります。

マイナス面ばかり目立ちますが、産後は骨盤が緩んだ状態にあるため、妊娠前よりも骨盤を小さくできるチャンスでもあります!

産後にしっかりと骨盤を矯正し、妊娠前よりもすてきなスタイルを手に入れましょう!

2.産後 骨盤矯正はいつからいつまで

産後マッサージ_01

この章では「出産後いつから骨盤矯正を受けられるか」と、「出産してからいつまでが骨盤矯正の効果が得られるのか」を解説します。

2-1.産後いつから受けられる?

産後の骨盤矯正は、一般的には出産後体調が安定した12カ月後頃から始めるのがよいといわれています。

ただし産後の体調が回復するスピードは個人差があります。また、普通分娩か帝王切開かでも異なってくるので、決して無理をせずお医者様や施術士さんと相談をしながら開始してください。

2-2.産後いつまで受けられる?

出産後、骨盤矯正の効果が得られる期限には諸説あり、出産後半年を過ぎると効果を得るのが難しくなるともいわれています。出産後半年は骨盤が柔らかく矯正がしやすいため、一般的な目安として出産後半年といわれることが多いですが、半年を過ぎると矯正が受けられなくなるということではありません。

ただ、半年を過ぎ徐々に固まってきた骨盤を矯正するには、骨盤を正常な状態に戻すまでに時間がかかります。産後あまりにも月日が経つと、産後 骨盤矯正としては施術が受けられないサロンもありますので、詳しくは各サロンに確認してみてくださいね。

実は筆者は出産後すぐにきちんと骨盤矯正を受けなかったせいで、産後3年経った今も腰痛や恥骨痛が残っています。産後数年後でも産後の骨盤矯正を行ってもらえるサロンもあるようなので、これから身をもって体験してみようと思います。

体験後には、体験レポートと共におすすめのサロンを紹介させていただきますので!

◆◆監修

成田亜希子先生
内科医・公衆衛生医師
成田亜希子(なりた あきこ)先生

2011年に医師免許取得後、臨床研修を経て一般内科医として勤務。公衆衛生や感染症を中心として、介護行政、母子保健、精神福祉など幅広い分野に詳しい。日本内科学会、日本感染症学会、日本公衆衛生学会に所属。二児の母でもある。

【初回ネット予約限定】最大2,000円割引!

【初回ネット予約限定】最大2,000円割引!