産後の骨盤矯正は何回必要?期間と費用は?全国65店舗の整体を調査

「妊娠期間中に開いた骨盤を引き締めて、以前の体型に戻したい!」

「整体院には何回くらい通えばいいの?」

といった悩みや疑問を抱えている方は、少なくありません。

この記事では、産後に骨盤矯正を受けるか悩んでいる方のために、整体院への通院回数や費用の目安、骨盤矯正を受けることで得られるメリットのほか、産後のママにぴったりな整体院の見つけ方も教えます。

また、育児に追われて時間を作れない、移動手段がない、金銭的に余裕がない、といった理由で整体院に通うことが難しい方もいると思います。

そこで記事の最後には、自宅で実践できる産後のママ向けエクササイズ3つ紹介します。

この記事を読んで「整体院に通うべきか、それとも自宅でセルフケアを頑張るか」を判断して、自分に合ったケアでキレイな体型を取り戻し、タイトなデニムをスルッと穿きこなしましょう!


1.骨盤矯正とは何かをざっくりと説明 

「“骨盤矯正”という言葉を聞いたことはあるけど、内容はよくわからない…」という方のために、まずは骨盤矯正について簡単に説明します。

骨盤調整とは、“妊娠や出産、日常生活での姿勢やスポーツによる影響で、開いたり歪んだりした骨盤を、手技を用いて正常な位置に整えるケア”を指します。


2.全国の整体院65店舗から、産後矯正の回数・費用の目安を算出

「人によって施術回数は異なります」という答えはもっともだけど、あくまで目安を知りたい!という方もいますよね。

そこで今回、産後の骨盤矯正を取り扱っている全国65店舗の整体院を調査し、施術回数や期間、費用についての目安を算出しました。

 2-1.目安の回数は7回!2ヶ月~3ヶ月かけて骨盤の位置を固定させる

結論からいうと、2ヶ月~3ヶ月で計7回、がひとつの目安です。

最初の34回は数日~1週間に1回のペースで施術をおこないます。骨盤が正常な状態に戻ったら、次は2週間後、その次は1ヶ月後と、徐々に間隔を空けて骨盤の位置がズレないよう調整し直す、という流れです。

なお、妊娠7週目を迎えたあたりから体が「リラキシン」というホルモンを分泌し、その作用により骨盤が緩みます。出産後にはリラキシンの分泌がストップされるため、産後6ヶ月ほどで骨盤の緩みがなくなり、徐々に骨盤が固定されていきます。

上記を踏まえると、体調が安定した産後2ヶ月から骨盤が固まりはじめる産後6ヶ月の間に通院するのがいいでしょう。

 ※回数、期間には個人差があります。年齢や生活習慣、出産人数、産後からの経過日数などにより、施術の効果が異なるからです。

 2-2.1ヶ月検診で問題がなければ、最短で産後1ヶ月からケアが可能

では、いつから施術可能なのでしょう?

実は、1ヶ月検診時に医師から子宮の状態が良好だと認められたら、最短で産後1ヶ月から施術を受けられるとされています。

しかし、実際は後陣痛などが治まり体調が安定してきた、産後2ヶ月頃から整体院に通い始める方が多いようです。 

 2-3.1回の施術は5,000円~7,000円。7回だと35,000円~49,000円になる

1回の料金は、60分(施術+カウンセリング)で5,000円~7,000円が目安です。

7回通うとしたら、35,000円~49,000円が総額になります。

ちなみに、施術を「60分」と時間制にせず、あくまで「1回で○○円」としている整体院も多くあります。

また、上記はあくまで通常価格の目安です。HPもしくはネット予約専用サイトで割引キャンペーンをおこなっている整体院もあるので、これより安く通うことも可能です。「ここに通いたい」と思える整体院を見つけたら、お得になる回数券などがないかチェックしてみましょう。


3.骨盤の仕組み

次に、骨盤が体のどこにあり、どのような役割を担っているか説明します。 

 3-1.骨盤の仕組みとは?3つの骨で構成され、子宮などを守っている

骨盤は腰からお尻にかけて体の中心にあり、3つの骨で構成されています。

腸や子宮などを骨で包み込んで守っているほか、重たい上半身を支えつつ下半身に受ける衝撃を吸収する役目も果たしており、体にとって必要不可欠な部分です。

さらに、骨盤を構成している骨と骨は、靭帯や関節によって繋がっています。

妊娠から出産にかけての期間中、赤ちゃんの通り道をつくるために、骨の繋ぎ目にある靭帯や関節が緩み、それに連動して骨盤が広がるとされています。

出産後の骨盤周辺がどうなっているかというと、本来は逆三角形の骨盤が四角形に広がり、骨盤底部の筋肉が弱まっている状態です。

 


4.整体院での施術内容を細かく紹介

整体院でおこなう産後の骨盤矯正とはどのような内容で、通常の骨盤矯正との違いはあるのでしょうか。

 4-1.産後の骨盤矯正では、ズレて開いたままの骨盤を元に戻してくれる

通常の骨盤矯正と産後の骨盤矯正では、目的が異なります。

通常の骨盤矯正は、日常生活のなかのさまざまなクセが原因で生じた、骨盤のズレを正すことが目的です。しかし産後の骨盤矯正は、妊娠や出産に伴う骨盤の開きやズレを元に戻し、骨盤底部の筋肉を強化することを目的としています。

そこで産後の骨盤矯正では、施術者が手を用いて、開いた骨盤を外側から内側へゆっくりと圧をかけて引き締めていきます。さらに、骨盤を左右上下に押したり引いたりすることでズレを調節し、もみほぐしによって骨盤底部の筋肉に刺激を与え、筋力の強化を図ります。


5.産後の骨盤を整えることでどんな悩みが解消されるのか

 せっかくプロに施術してもらうのだから、色々な悩みをまとめて解決したいですよね。では、産後の骨盤矯正を受けることでどういった悩みが緩和されるのでしょうか。

 5-1.ぽっこりお腹、お尻のたるみ

骨盤が開いてしまうと、内臓も垂れ下がってきてぽっこりとしたお腹になってしまいます。また、妊娠中に正しい姿勢を維持できずにいると、筋力も低下してしまい、お尻もたるんできます。骨盤と内臓を正しい位置に戻し、骨盤底部の筋肉を強化してお尻を支えられるようにすることで、スタイルアップが見込めます。

 5-2.尿漏れ

妊娠や出産が原因で、骨盤の底にある筋肉が弱まってしまうことがあります。尿や便、経血をコントロールしている骨盤底部の筋肉を鍛えることで、尿漏れの改善が期待できます。

 5-3.腰痛

妊娠中の重たいお腹を支えるために反り腰になっていたり、産後に赤ちゃんを抱っこして下半身に負荷が掛かったりすると、腰痛を引き起こすことがあります。骨盤のズレを直しつつ、姿勢が乱れたまま固まってしまった筋肉をほぐすことで、腰痛の緩和へ働きかけます。


6.子連れで行ける、産後の骨盤矯正に特化した整体院の見つけ方

ここまで記事を読み進めて、「整体院でケアを受けてみようかな」と思った方のために、整体院を探す際のポイントをお伝えします。

 6-1.「産後」「骨盤矯正」「地名」「子連れ」で検索

「子連れ歓迎」とHPなどに書いている整体院では、ママが施術を受けている間に子どもを預かってくれる、または子どもの隣で施術を受けられる、という対応がされています。

整体院に行く前に、HPなどで店内写真を見てベビーカーを置いておける広さはあるかを確認し、ほかに不明点があれば直接電話で質問するなど、店舗に関する情報を押さえておくのがベターです。

産後の骨盤矯正に特化した整体院は全国に数多く存在しているので、自分に合った整体院がないか、まずはWebで検索してみましょう。

例えば、「産後」「骨盤矯正」「地名(駅名)」「子連れ」などのキーワードで検索すれば、“産後の骨盤矯正を得意とする、子連れOKで通いやすい整体院”が見つかるはずです。

下記にEPARKリラク&エステ、GoogleTOPページのリンクを貼っておきますので、ぜひ検索してみてください。

EPARKリラク&エステ

Google


7.整体院に行く時間やお金に余裕がなく、自宅でケアしたい方へ

「整体院に通うほど時間に余裕がないし、できれば出費を抑えたい…」という方に向けて、自宅で簡単にできるエクササイズを3つご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 7-1.骨盤を引き締めるためのセルフエクササイズ3

・寝ながらできる簡単ブリッジ(広がった骨盤を内側に閉める)

気軽に1分間で実践できる、骨盤を閉めるためのストレッチです。

最初に仰向けになり、膝を立てて肩幅に両足を開きます。手は、手のひらを下にして床につけます。

次に、肩から一直線になるようにゆっくりと腰を上げていきます。このとき、下腹部とお尻の穴に力を入れるように意識しましょう。

そして、またゆっくりと腰を床に下ろしていきます。これを1分間繰り返します。

・下腹部を集中的に鍛えるエクササイズ(ぽっこりお腹に)

「出産を終えたのに、お腹の膨らみが全然元に戻らない…」「ぽっこりお腹をどうにかしたい!」という方におすすめのエクササイズです。

はじめに仰向けになって膝を曲げずにピンと伸ばし、体と直角になるよう両足を上げます。手は床につけておきましょう。

そして、かかとが床に触れないよう足を下ろしていき、また体と直角になるよう足を上げていきます。この繰り返しです。

予想以上にキツいエクササイズですが、そのぶん下腹部の筋肉が鍛えられます。

・テレビを観ながらバランスボールで運動(産後太りや尿漏れ、むくみなどに

少しの出費なら気にしない、という方にはバランスボールを用いるケアがおすすめです。なぜなら、子どもの世話をしながら運動ができ、かつダイエットにも不調の改善にもつながるからです。

まずはバランスボールの真上に膝を90度に立てて、背筋をピンと伸ばすように座ります。慣れるまで手はバランスボールの上に置き、体を支えるようにします。これが基本の体勢です。

慣れてきたらお尻をバウンドさせてみたり、腰を回してみたり、片足を上げてみたりと、少しずつ難易度を上げていくといいでしょう。

両手を離せるようになったら、子どもの寝かしつけにも活用できます。実際に、テレビを観ながら子どもをあやしている方もいるようです。 

なお、産後に無理な運動をすると腰痛が悪化するおそれもあるので、体の状態を見ながらケアをおこなってくださいね。


 8.まとめ

今回は、産後の骨盤矯正についてまとめてみました。

施術回数は7がひとつの目安です。1回の料金の相場は5,000円~7,000なので、7回通院した場合の総費用は、35,000円~49,000となります。

産後の骨盤矯正は、妊娠や出産によって広がったり歪んだりした骨盤を正常な位置に戻して、骨盤の底にある筋肉を鍛えることが目的です。

手で圧を掛けて開いた骨盤を内側へ押し戻し、左右上下へ押したり引いたりして骨盤のズレを整えます。また、もみほぐしにより骨盤底部の筋肉を刺激して、筋力の強化を図ります。

これにより、ぽっこりお腹やたるんだお尻などのスタイルアップのほか、尿漏れや腰痛といった不調の改善も期待できます。

いまでは全国にたくさんの産後ケアに特化した整体院があり、子ども連れの方を歓迎しているところも多数あるので、近所に通えそうな整体院がないか一度調べてみましょう。

また、育児に追われて整体院に通うのが難しいという方は、自宅でセルフケアを実践してみてください。

スリムな体型を手に入れるために、この記事が少しでも参考になれば幸いです。