EPARKリラク&エステ正規掲載店
全額返金・最低価格保証
Body Balance 市ヶ谷整体院

MAP
  • 今日OK
  • 明日OK
  • キャシュポ値引

営業時間 10:00~21:00

東京都千代田区四番町4-13 I・S四番街ビル2F

最寄り駅:JR中央・総武線 市ケ谷駅 3番出口より徒歩4分

Body Balance 市ヶ谷整体院のブログ

カフェインの摂りすぎ?

こんにちは!

市ヶ谷整体院の野元です!



最近すっかり日本でも名前を知られるようになったエナジードリンク。 実は、海外では以前からエナジードリンク類への注意勧告が行われていました。リトアニアなど、18歳未満の子供にエナジードリンクの販売を禁止する法律を施行した国もあります。
エナジードリンクが危険視される原因は、成分に含まれるカフェインと過剰な糖分などです。

カフェインは風邪薬などにも含まれますから、いくら清涼飲料水だとは言っても、医薬品はもちろん、アルコール、その他のカフェイン飲料、などとの併用にも十分配慮する必要があると考えられます。

もちろん、エナジードリンクをたまに1本飲んだからといって、特段問題もないでしょう。カフェインには良い効果も多数あります。やはり、問題は多飲、度を超えた頻回摂取なのです。最近ではエナジードリンクとアルコールを混ぜたカクテルなどもあるようですが、アルコールを摂取するとカフェインを分解する能力が低下するため、これはお薦めできる飲み方とは思えません。

カフェインが入っていれば条件は同じはずですが、なかなかコーヒーや玉露をリットル単位で短時間にがぶ飲みする人は少ないかと思います。ですが、缶入りやペットボトルの清涼飲料水は、量が取りやすく、医薬品・医薬部外品でもないことから、コンビニなどでいくらでもいつでも購入できます。そういう点で過剰摂取が容易であることが問題視されているのです。もちろん日本では年齢制限もありませんから、小学生でも買うことができます。子供は、大人よりもずっとカフェインに敏感です。

日本と海外では含有成分も飲む量も違いますので同じ扱いはできませんが、単純に「なんとなく元気になりそうだから」と、飲み過ぎて良いものではないということは肝に銘じておきたいものです。





エナジー
おすすめコース

【ご新規様限定クポーン】

ボディバランス 市ヶ谷整体院(Body Balance)のスタッフ 野元信靖

副院長

野元信靖 ノモトノブヤス

電話受付(予約)時の注意

※お客様が受付(予約)専用電話番号に発信した電話番号は、受付(予約)確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社である(株)EPARKリラク&エステが取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。