ブライダルエステは効果あり!施術内容・費用・期間から、節約術まで

挙式の日取りが決まると、その日までにするべきことの多さに驚きませんか?
できるだけ美しい姿でウエディングドレスを着たいとは思っても、限られた時間を自分磨きのブライダルエステに使ってよいものか、悩みどころですね。
もし効果がなければ、それこそ時間の無駄に…。
この記事では、そんなプレ花嫁の悩みを解決するため、ブライダルエステについて、効果の有無はもちろん、施術内容、費用、リスクといった情報を提供します。
後悔なく挙式を迎えるため、ぜひ参考にしてください。

すごとく70%off

1.ブライダルエステは施術内容に応じた効果あり

ブライダルエステには、間違いなく効果があります。
ただし、エステに使える時間や費用によって施術内容が異なるので、それに応じて得られる効果も変わってきます。

まず、ブライダルエステとはいかなるもので、どのような効果があるのか、説明しましょう。

1-1 目的は花嫁姿を美しくすること

あらためて書くことではないかもしれませんが、ブライダルエステの目的は、花嫁姿を美しくすることです。
それゆえ、通常のエステの施術とは違い、ウエディングドレスを着たとき露出する、あるいは目が集まる部位をケアするのが特徴です。
一般的なブライダルエステでケアする部位は、次のとおりです。

二の腕デコルテ背中ウエスト(指輪交換などで注目される)

ブライダルエステに使える時間や予算に合わせて、上に挙げた部位のどこを、どの程度ケアするのかにより、得られる効果が変わります。


2.シェービング・肌ケア・引き締めで4つの効果

ブライダルエステの施術は、シェービング肌ケア引き締めの3種類に分けられます。
そして、その効果は以下の4つです。

ムダ毛を処理して肌を明るく見せる
顔のムダ毛を処理して化粧ノリが良くなる
肌の調子を整える
たるんだ部位を引き締める

このうちシェービングは、ブライダルエステ以外ではなかなか体験しない施術で、基本的に1回で終了します。
もたらす効果はです。
の効果がある肌ケアの効果がある引き締めの施術は、通常エステサロンで提供されている内容と同じですが、ドレスを着たときの見栄えや、挙式当日のコンディションを意識したケアがおこなわれます。
なお施術回数は、エステに使える時間や費用によって異なります。
以下、それぞれの施術について、詳しく紹介します。

2-1 シェービング

顔やデコルテから、自分では処理しづらい背中やうなじまで、ドレスから露出する部分のムダ毛・産毛を剃る施術です。
耳たぶや小鼻まわりなど細かいところのケアも含め、多くの場合は1回で終了し、施術時間は60~150分程度です。
レザーシェービングとソフトシェービングという2種類の施術法があり、それぞれの特徴は次のとおりです。

レザーシェービング
かみそりを使うシェービングで、深く剃ることができるので肌がつるつるに。また、角質を取り除く効果もあり、肌に美容成分が浸透しやすくなる。
ただし、肌への刺激がやや強く、肌が敏感な方は注意が必要。
理容師の資格がないと施術できないので、エステサロンで受けたい場合は事前に施術可能か確認する必要あり。
シェービング専門店やブライダルシェービングに対応している理容室で施術可能。
効果の持続期間と肌荒れなどが生じた場合の回復期間、両方を考慮すると、挙式の3~7日前ぐらいに施術を受けるのがよい。

ソフトシェービング
電動シェーバーを使うシェービング。
施術に特別な資格は必要なく、多くのエステサロンで提供していて利用しやすい。
あまり深く剃ることができず、仕上がりや効果の持続期間の面でレザーシェービングに劣る。体毛が濃い方は物足りなさを感じる可能性も。
一方で、刺激が少なく肌荒れなどのトラブルが起きにくいのも特徴。
効果の持続期間がやや短いので、施術を受けるのは挙式の2日前か3日前がおすすめ。

2-2 肌ケア

フェイシャルを中心に、デコルテ、背中、二の腕などの肌を整えます。
フェイシャルでは、クレンジングや泡洗浄で汚れを落とし、保湿パックやイオン導入による栄養補給などをするのが一般的な流れです。
肌の状態に合わせて、ピーリングによる角質オフやリンパマッサージなどもおこなわれます。
もちろん、デコルテのくすみ、背中のニキビ跡、二の腕のぶつぶつといった悩みに対応してもらうことも可能です。
施術の内容や回数は、挙式までの期間や予算により大きく変わってきます。
なお、肌ケアの施術を受けたあとは、肌が敏感で乾燥しやすい状態になっていますので、いくつか注意すべきことがあります。
まず、いつも以上に日焼けに注意しましょう。敏感になっている肌は、肌トラブルの原因になる紫外線の影響を受けやすいからです。
また、保湿ケアも念入りに。肌は乾燥するとバリア機能が弱くなり、トラブルを招きやすくなります。

2-3 引き締め

引き締めのイメージ
二の腕やウエスト、背中など、気になる部位への痩身施術が中心。本格的なサイズダウンを目指す全身ケアを受けることも可能です。
具体的には、キャビテーションやラジオ波、EMSといったマシンを使用するケアや、脂肪を燃焼しやすくするマッサージなどの施術がおこなわれます。
また、ブライダルエステでは、小顔ケアやリフトアップといったフェイスラインにアプローチするケアも重要です。
肌ケアと同様、施術の内容や回数は、挙式までの期間や予算により大きく変わってきます。
なお、痩身施術を受けたあとは、次のことに注意してください。
まず、施術後2~3時間ほどは食事を控えてください。
施術後は栄養を吸収する力が高まっている“太りやすい状態”なので、すぐに食事をすると施術効果が薄れてしまいます。
そして、積極的に水分補給を。施術により老廃物が汗や尿となって排出されますが、水分が不足するとその作用が滞ります。
しっかり水分を補給して、老廃物を出し切りましょう。


3.費用と期間、施術回数の目安

ブライダルエステの費用や期間、施術回数は、大まかに4つのパターンに分けられます。
例として、実際にエステサロンが提供しているコース内容も簡単に紹介しますので、ブライダルエステを検討するときの参考にしてください。

3-1 気になるところを1日で 1~3万円

シェービングのみとか、シェービングと肌ケアなど、内容を絞った1日だけの施術は、1~3万円程度で受けられます。
「時間はないけど、ここだけはケアしたい」という方におすすめです。

例)1day集中美肌コース 28,000円
フェイシャルとデコルテはリンパマッサージやパックで肌の調子を整え、背中は毛穴汚れをオフする酵素洗浄とホワイトニングパックでケア。
さらに、悩み別にチョイスする美容液で保湿も。
最後に、顔・うなじ・背中のムダ毛をレザーシェービングで処理。

3-2 1ヶ月以内でひと通りケア 3~5万円

「あまり時間をかけずにひと通りのケアを受けたい」という方には、1ヶ月以内に2回か3回通い、シェービング・肌ケア・引き締めの施術を受けるコースが適しています。
費用は3~5万円程度。最初の施術日から次の施術日まで、3日~1週間程度空けるかたちが一般的です。
なお、肌ケア、引き締めについては、もっと長い期間をかけて取り組む施術ほどの効果は望めません。

例)1ヶ月集中ブライダルコース 46,200円(全3回)
1秒間に25,000回という超音波振動で、フェイシャルの毛穴汚れや黒ずみを取り除いたあと、毛穴を引き締めるパックで仕上げ。
アロマハンドケアと高周波マシンにより、背中・二の腕・ウエストといった上半身の気になる部位をスリミング。
顔・うなじ・背中・腕・ワキのムダ毛は、ソフトシェービングで処理。

3-3 1~3ヶ月かけてしっかりケア 5~15万円

「背中のハミ肉をなくしたい」「ニキビ跡を消したい」など、る程度時間をかけて施術しないと対処できない要望がある方は、少なくとも1ヶ月、できれば3ヶ月ぐらい、しっかり通うことをおすすめします。
施術回数は3~9回ぐらい、費用は5~15万円程度になります。

例)しっかり充実プレミアムプラン 85,600円(全7回)
フェイシャルとデコルテは、細かい泡で汚れを吸着するムースを使って洗浄し、さらにマッサージを施してリンパの滞りをすっきり。
フェイシャルにはさらに、肌の状態に合わせたケアをおこない、スペシャルパックで仕上げ。
背中は、スポンジ洗浄でくすみを解消してから、肩甲骨が美しく見えるようマッサージ。加えて、ビタミンC配合のローションで保湿&紫外線ケア。
さらに、顔・うなじ・首・背中・肩のソフトシェービング、ワキの洗浄&パック、二の腕へのオイルトリートメントも。

3-4 3~6ヶ月かけて徹底ケア 15万円以上

「大幅に減量したい」「全身を磨き上げたい」など、ブライダルエステを徹底利用したい場合、3~6ヶ月程度時間をかけて、9回以上は通うことになります。
費用は15万円以上と高額ですが、自分の状態と目標に合わせたケアを、計画的に進めることができます。

例)私だけの特別プラン 164,340円(全10~20回)
20種類の施術メニューを自由に選べるプラン。
料金は、メニュー単体料金の合計から40%OFFになっていてお得。
選べるメニューは、フェイシャルのイオン導入、顔筋経路マッサージ、エレクトロポレーション、デコルテのリンパマッサージ、背中の美肌ケアと引き締めケア、二の腕のざらつきケア、顔・うなじ・背中・ひじ下・二の腕のレザーシェービングなど。


4.理容室や体験コースで節約 1万円以内でも

ブライダルエステについて「なるべくお金をかけたくない」とか「最小限でかまわない」という方のために、節約術をお伝えします。

4-1 街の理容室でシェービング

街のふつうの理容室に、低価格でブライダルシェービングを提供しているお店があります。
なかには、顔、うなじ、デコルテ、背中のケアを3,000円~5,000円程度で受けられるお店も。

エステサロンでは、たとえば腕や手の産毛も処理してくれたり、処理後の肌ケアに力を入れてくれたりしますが、料金はたいてい10,000円以上かかるので、こうした理容室を使うことでかなり節約になります。
「理容室は男性が行くところ」というイメージから、不安を感じる女性も少なくないとは思いますが、ブライダルシェービングは、基本的に個室で女性スタッフがおこなうので、周囲の目が気になることはありません(施術環境は事前にお店に確認してください)。
なお、インターネットでお店を探す場合は「ブライダル シェービング 理容室 ○○○(地名や駅名)」というように、検索ワードに利用可能な場所の地名や駅名を加えると、見つけやすいでしょう。

4-2 エステの体験コースでお安くケア

エステのイメージ
肌ケアや引き締めの施術をお安く受けるには、エステサロンの体験コースを利用する方法があります。
料金はおおよそ5,000円以内で、フェイシャルの美肌ケアだけとか、小顔ケアのみといった具合に、施術メニューが限定されているケースがほとんどです。
また、ブライダルエステ自体の体験コースも、多くのお店で用意されています。
やはり施術メニューは1種類か、せいぜい2種類に限定されますが、背中の肌ケアや二の腕の引き締めなどブライダルエステならではのメニューを選べて、料金は3,000円~7,000円程度です。
体験コースで気になるところだけケアしてもらい、シェービングを理容室で済ませれば、10,000円以内のブライダルエステも可能です。

4-3 キャンペーンを利用して出費を抑える

多くのエステサロンでは、ある期間だけ料金を割引するといったキャンペーンをおこなっています。
そうしたキャンペーンを利用するのも節約術のひとつです。
また、マッサージサロンの検索・予約の専門サイト「EPARK リラク&エステ」では、初めてネット予約をすると、対象のエステサロンに限り施術料金が2,000円OFFになるキャンペーンを実施しています。
詳しくは下記のリンク先にアクセスしてみてください。

※初回特典のご利用にはEPARKの会員登録が必要です。ほかの特典との併用はできません。1,000円OFFのサロンもあります。

なお、ブライダルエステを受けられるサロンは、下記のリンク先から探せます。


5.ブライダルエステの注意点

ブライダルエステを受けるとき、注意すべきことをお伝えします。

5-1 挙式の1ヶ月以上前に肌の反応を確認

できれば、挙式の1ヶ月以上前に、お試しで肌ケアやシェービングの施術を受けて、化粧品と肌との相性や、シェービングによる肌への影響を確認してください。
目的はもちろん、肌トラブルがない状態で挙式に臨むためです。
1ヶ月前におこなうのは、お試しの施術で万が一肌に大きな問題が生じたとき、回復に使う時間を確保するためです。

5-2 後悔しないため、落ち着いて計画を

ブライダルエステに使う費用や時間を、冷静に検討しましょう。
挙式については「一生に一度」という思いや、全体にかかる費用が大きいことなどから、金銭感覚がおかしくなってしまいがちです。
そうした状態でブライダルエステを検討してしまうと、「あれもこれも」と必要のないメニューを加えてしまう可能性も。
その結果、費用の負担が重くなりすぎたり、エステサロンに通うこと自体が負担になって心身が疲れたりするのは本末転倒です。
余裕を持って利用できる自分らしいブライダルエステを、落ち着いて計画してください。


6.まとめ

ブライダルエステの4つ効果、ムダ毛を処理して肌を明るく見せる顔のムダ毛を処理して化粧ノリが良くなる肌の調子を整えるたるんだ部位を引き締めるを紹介し、その効果をもたらす施術について説明しました。
また、ブライダルエステの費用・期間・施術回数の目安をお伝えし、理容室や体験メニューを利用する節約術も取り上げました。

・ブライダルエステは施術内容に応じた効果あり
・シェービング・肌ケア・引き締めで4つの効果
・ブライダルエステの費用の目安
・理容室や体験コースを使って節約
・挙式1ヶ月以上前にお試しの施術を

この記事が、満足できるブライダルエステ体験と、花嫁の輝く笑顔につながれば幸いです。

~~・~~・~~・~~・~~

ブライダルエステを受けられるサロンは、下記のリンク先から探せます。