正月病が不眠を招く?3つの予防方法を解説!年明けも快調に過ごそう

正月病_ic

ふだんはなかなか休みを取れないけど、お正月だけはゆっくりと過ごせる。そんな人、多いのではないでしょうか。

久しぶりに家族揃って帰省するもよし、箱根駅伝を見ながら家でのんびり過ごすもよし、昼間から仲間とわいわい飲み食いするもまた楽し♪

ただし、「お正月ぐらいさー」とむやみに気が大きくなってルーズさに歯止めがきかなくなると、いざ三が日が過ぎて日常モードにシフトしようとしても、

・カラダが動かない
・やる気が出ない

など、いわゆる“ブルーマンデー”の大型版みたいなものに襲われてしまうことがあるのです。これが俗にいう「正月病」ですね。

すごとく70%off

1.正月病、予防策3つ

でも、正月病は予測可能な分、対策も立てやすいといえます。主な予防法は3つ。『朝10時までには起きる』『ダラダラ食いをしない』『適度な運動をする』です。

①朝10時までには起きる

深夜はテレビ三昧、昼すぎに起きて出してソファでゴロゴロ…というような、いわゆる“昼夜逆転”の生活を続けていると体内時計が狂い、リセットが困難になります。理想はなるべくふだん通りの生活をすることですが、それもある意味酷な話なので、せめて眠りを司るホルモン、“メラトニン”が分泌されている午前10時までには起きて朝日を浴びましょう。

②ダラダラ食いをしない

さらに飲食の機会が増えるお正月は胃腸に負担がかかりやすいので、胃腸をいたわるよう心がけましょう。

③適度な運動をする

外出の機会が減るので運動不足にもなりがちに。これでは、気持ちもカラダもなまってしまうのは当然。体内時計を調整したうえで、近所を散歩するなどのほどよい運動をすることで、正月病を未然に防ぐことができるというわけです。


2.気負わずやる気モードへ!体内リセットで不眠ケアに

さらに仕事始めの朝は、熱めのシャワーを浴びるのがおすすめ。交感神経が優位になって、“やる気モード”に入りやすくなります。ただし、「これから新年が始まるぞ―!」と気負うよりも、まずは仕事始めの一日を乗り切ることを考えましょう。そして乗り切ったら自分を褒めてあげる。そのうち自然に日常モードへと戻れるはずです。

なお、朝10時までに太陽の光を浴びる体内時計リセット法は、不眠のケアや海外旅行による“時差ボケ”の解消にも効果的なので、ぜひお試しを♪

一年間がんばったカラダをいたわりつつ、よい年をお迎えください。

 

以下の記事もおすすめです。興味があればぜひ読んでみてください。

関連記事

【2020年4月30日まで】初回限定最大4,000円割引

日頃の疲れをお得に癒したいなら・・・

現在EPARKリラク&エステでは会員数3,000万人突破を記念し、未会員様を対象に2020年4月30日まで【初回限定最大4,000円割引】を実施しています。全国5,600店舗が対象なので職場や自宅のすぐ近くで探せます。

<初回特典>

  • 初めてのオンライン予約限定
  • 最大4,000円店頭割引
  • 自宅から24時間ネット予約OK&当日予約歓迎

※下記リンク先ページから予約を行うことで最大4,000円割引クーポンをご利用いただけます。