最高に癒されるリラクゼーションサロンとは!目的別の見つけ方を解説

リラクゼーションサロン_ic

「リラクゼーション、リラクゼーションサロンて何だろう?」
「リラクゼーションサロンとマッサージサロンと違いがよくわからない」
「体が痛む時、疲れている時に行っていいのかな?」

あなたは今、そんなふうに考えていませんか?

街中でよく見かけるリラクゼーションサロンの看板。これらのサロンが自分に合っているのかわかるといいですよね。

この記事はリラクゼーションサロンとは何か、リラクゼーションサロンの種類とそれぞれの施術内容からの選び方をお教えします

そしてサロン検索・予約の専門サイト『EPARKリラク&エステ』へのリンクをご用意しましたので、実際にサロンを検討、お選びいただけます。

リラクゼーションサロンを理解したうえで、より健康な毎日を過ごすために、この記事が役立てば幸いです。

1.リラクゼーションサロンとは心身をほぐし、癒す場所

大塚マッサージ_ic

まずリラクゼーションとは肉体的、精神的な緊張をほぐし、リラックスすること。

「このリラックス感が得られる施術を行う施設」がリラクゼーションサロンです。

オイルマッサージや指圧、もみほぐしを行うことで肉体や心の緊張を緩和させ、手軽に疲れた身体や心を癒すことができるでしょう。

リラクゼーションサロンでは、さらに精神面に働きかけるような工夫をしています。

リラックスできる音楽を流していたり、心地よい香りでリラックスしたり、特別感が味わえるようなインテリアによっての雰囲気作りなどです。

繰り返しになりますが、リラクゼーションサロンは疲れた心も体も癒すことができます。疲れた体や心をリセットするには最適な場所です。

育児疲れのママさん、立ち仕事をしている方、座りっぱなしのデスクワーカー、こんな皆さんにとっては、癒される場であり、月に一度は奮発してでも行ってみたくなる方が多いです。

リラクゼーションとマッサージ
リラクゼーションサロンではオイルマッサージや指圧での施術を行います。このためリラクゼーションとマッサージは混同されることが少なくありません。

しかし、この2つには明確な違いが存在しています。「マッサージ」を行うためにはあん摩マッサージ指圧師の国家資格を持っている必要があります。この資格がないもみほぐしはマッサージではなくリラクゼーションということになります。

リラクゼーションサロンは本来、痛みを治療するマッサージ=医業類似行為は行うことができません。そのためリラクゼーションサロンでマッサージといえば、肉体的、精神的な緊張をほぐすことを目的とした施術になります。

マッサージの表記
本稿ではリラクゼーションメニューでも、便宜上マッサージと表記をしています。

2.目的別リラクゼーションサロンの選び方

 

肩こり椅子イメージ

ここではリラクゼーションサロンを、目的別の種類でご紹介します。
なぜならあなたが疲れている時、癒されたい時にどんなサロンを本当に必要としているかを知ってほしいからです。

うまく選べないことはお金や時間を無駄にしますし、何より不幸なことです。

リラクゼーションサロンは多種多様。仕事や日常生活でのストレスや疲労を軽減させるために、実にさまざまなリラクゼーション方法とサロンが存在しています。

あるリラクゼーションの専門サロンもあれば、複数のリラクゼーションメニューを選べるサロンもあります。その中から自分に合うサロンを見つけることが、高い効果(=ストレスや疲労を軽減させる)を得るうえで重要です。

リラクゼーションサロンは主に2つにわかれます。すなわち「リラックスしたい時に選ぶリラクゼーションサロン」と「体の痛みや疲れを改善したい時に選ぶリラクゼーションサロン」です

それぞれのリラクゼーションについて、さらにジャンルわけして解説。また今回は例として東京都にある各ジャンルのサロンも口コミと共にご紹介します。

 

2-1.リラックスしたい時に選ぶリラクゼーションサロン

・アロマオイルマッサージサロン

お尻マッサージ06

オイルマッサージは、アロマ(エッセンシャル)オイルを使ってマッサージ(トリートメント)をする施術です。

肌に直接オイルをつけていきますので、通常服を脱いでの施術になります。香りで癒されつつ手技とアロマの香りによって美容と健康に良い効果、リラックス効果を得ることができます。

このような施術を行うアロマオイルマッサージサロンへおすすめなのは、気分が落ち込んだり、気分を上げたりしたい人。

アロマには気分が落ち着くものや、ロマンチックな気分になるものがあります。疲れがたまっている時、気分を上げたい時など目的に合わせて癒し、時には励ましてくれるアロマオイルで施術してもらいましょう。

アロマオイルマッサージサロン利用者の口コミ
立地、照明、BGM、お茶、タオル、そして使い捨てショーツにいたるまで、全てにサロンのこだわりが感じられ、それがまったく押し付けがましくない。

まさに「洗練」という言葉がぴったりの隠れ家サロンです。

インド発祥というアタオイルは、変に上滑りすることなく、まったりと肌にまとい、ほのかな香りが長く続くのがうれしい。

そのオイルを使って行うトリートメントは、ゆっくりソフトに流したかと思うと、トルネードのような力強い動きもあり、まさに熟練の技。

どんどん体が浄化されていく心地よさです。ありそうで、どこにもなかったサロン。初対面でも、相手をまったく疲れさせない接客も素晴らしい!また、駆け込ませていただきます!

出典

・リンパマッサージサロン

マッサージ値段_ic

リンパマッサージとは、リンパの流れに沿って行うマッサージのことです。たまった老廃物などの毒素を排出しやすくします。

特別なアロマオイルではないオイルを使用するところもあります。リンパマッサージに、アロマオイルを用いたアロママッサージが含まれることもあります。

リンパには老廃物を排出する働きがあります。リンパマッサージをしてリンパを刺激することで、毒素の排出が促進され、疲れの解消効果も期待できます。

このような施術を行うリンパマッサージサロンがおすすめなのは、むくみがひどい、頭痛、肩こり、内臓が悪い状態などに悩んでいる方です。なおリンパマッサージはむくみや代謝の促進によりダイエット効果も見込めますので、痩身を売りにしているエステサロンでも施術が受けられます。

リンパマッサージサロン利用者の口コミ
初めてアロマオイルリンパマッサージをしてみました。お店に行くまでの道は、ちょっと迷いましたが、可愛い外観でわかりました。最初はとても緊張しながら行ったのですが、とても親切で、清潔感もあり良かったです。担当の方も凄く感じの良いかただったので、本当に良かったと思いました。マッサージは味わったことのない気持ちよさに、感動!!リラックスできて、初体験のアロマオイルマッサージに感動しました(笑)終わった後は身体がポカポカした感じがして、とても気持ち良かったです。これはハマりますね(笑)また指名して予約をさせてもらおうと思いました。楽しく気持ちいい時間を本当にありがとうございました。

出典

・エステサロン

お尻マッサージ05

エステ(エステティック)とは、外見を磨く目的で行う施術です。フェイシャル・痩身・脱毛・アンチエイジング・ブライダルなどの種類があります。

手技や用具、マシン、化粧品、サプリメントなどを用いて美と健康を追求します。

インドエステ、バリエステ、韓国エステなど、世界各国の施術が受けられるサロンもあります。

前述のアロマオイルマッサージや、リンパマッサージなどが受けられることも。

脱毛ひとつとってもフラッシュ脱毛(光脱毛)、レーザー脱毛、ワックス脱毛、ニードル脱毛(電気脱毛)などがあります。そして対象は顔、ワキ、腕、指、脚、背中、デリケートゾーン、全身など広範囲。

一般にエステサロンで行われているのは比較的マイルドな光を当てるフラッシュ脱毛。レーザー脱毛に比べて痛みが少なく料金も低めなのが特徴で、繰り返すことでムダ毛を目立たなくしていきます。

エステでの脱毛メニュー利用者の口コミ
ひじ下の脱毛をしに行きました。駅からは少し歩きますが、分かりやすいと思います。

光脱毛になりますが、とても丁寧にやってくださるので、良かったです。打ちもれなどもなかったと思います。

自分で剃ってくるように書いてありましたが、実際には施術前に剃ってもらえました。

脱毛ですが、リラックスもできました。ありがとうございました。

出典

 

2-2.体の痛みや疲れを改善したい時に選ぶリラクゼーションサロン

整体サロン

整体猫背_ic

整体とは主に手技で骨格のゆがみを矯正し、筋肉や内臓のバランスを整え、健康増進・体質改善をはかる民間療法です。

「整体師」は民間資格のひとつです。「整体師」の民間資格は、通信教育を経て数万円の費用で取得できるものから、専門的な技術をじっくりと学び数百万円の費用がかかるものまで、多岐に及んでいます。

この整体の施術を行うのが「整体院」「カイロプラクティック院」です。なお幅広く整体というくくりになることはありますが、厳密には「整体」「カイロプラクティック」は異なります。

ただ「あん摩マッサージ指圧師」「はり・きゅう師」「柔道整復師」などの国家資格所有者が整体院を開業しているケースもあります。そのような場所ではリラクゼーション施術だけでなくではなく、保険診療の「治療」も行っている場合があります。

整体サロンの口コミ
駅近で便利な場所にあります。しかし、迷ってしまったのですが、親切に案内してくださいました。

また、メニューも豊富で根本から治療を施すにはどうするべきかを納得行くように説明いただきました。
施術は全体を調整した後でマッサージしてもらいました。

触っただけで身体の痛い所悪いところを判断し、ぐいぐいしてもらいました。終わった後悪かった首を触ってみるとかなり柔らかくなっていました。

効果もありましたが、適切な説明もとても参考になったので、また落ち着いたら通いたいなぁと思いました。

出典

・足つぼマッサージサロン

マッサージ痩せる_02

刺激する足つぼと対応する器官や部位の改善を期待できます。リフレクソロジーサロンなどもこのジャンルです。

人には多くのツボがあり、自分でも押せるところもありますが、自分では押しにくい場所もあります。また、ツボは正確に押さないと効果が得られないこともあります。

足つぼマッサージサロン利用者の口コミ
ここの足裏マッサージは絶妙な力加減でコリがほぐれた。お店に入ると、海外のお店みたいに受付が結構広く、快適だった。接客もとても感じがいい。台湾の有名店や日本の足裏マッサージを受けてきて、スッキリするけど、とにかく痛いので最近は行っていなかった。なぜか急に足裏マッサージを行きたくなって、池袋からアクセスがよく、雰囲気が台湾ぽいこちらに行ってみたが大正解、また行きたくなるお店でした。

出典

・もみほぐしマッサージサロン

整体肩こり_01

プロがしっかりと全身をもみほぐします。整体、カイロプラティック、ボディケア(トリートメント)などと呼び名はさまざま。ハワイのロミロミやタイ古式マッサージ、ドライヘッドスパなどもこれに含まれます。

もみほぐしマッサージサロン利用者の口コミ
池袋駅から徒歩で行きました。建物が特徴的なので、わかりやすいと思います。プライベート個室に案内されてから、ウェアに着替えますがガウン的なものでなく清潔でしっかりとしたスポーツウェアでした。首、肩、背中、腰とこちらの症状にそってじっくりほぐしてもらえました。会話も楽しく、今後のケアについても話してくださいました。気持ちよく施術が受けることができたと思います、ありがとうございました。

出典

3.リラクゼーションサロンを選ぶ時のポイント

リンパマッサージイメージ_09

リラクゼーションサロンを選ぶ時のポイントは3つあります。

 

3-1.自分の癒されたい目的を認識する

前章のリラクゼーションサロンの目的と種類を理解したうえで、自分がどう癒されたいのかを考えましょう。

3-2.通いやすさ

リラクゼーションによる効果は一度来店するだけでは、効果を持続させるのは厳しいです。もちろん施術した直後は効果がありますが、日常生活の中で、また元に戻っていきます。通うとなると、アクセスの良さや営業時間も重要なポイントになります。

3-3.インターネット上に詳細な情報があるかどうか

料金やコースが明確になっているかどうかは重要でしょう。また個室であることや女性専用かどうかなど、自分がリラックスできるかどうかの条件を前もって知ることはサロン選びのポイントです。サイトにサロンの内装の写真がみられるとイメージしやすいでしょう。

3-4.口コミ

リラクゼーションの予約サイトの利用をおすすめします。このようなサイトには、サロン利用者の口コミがあります。もみほぐしの強さ、サロンの内装の感想、接客やサービス内容などが読めるので、自分との相性を考えて選ぶことができます。

4.リラクゼーションサロンで得られる効果

マッサージ効果_01

この章ではリラクゼーションサロンで得られる効果についてご説明します。リラクゼーションの種類によっても効果は異なってきます。

4-1.疲労回復

種類にもよりますが、リンパの流しや筋肉をほぐすことで、疲労感が軽減されることが期待できるでしょう。また部屋の雰囲気やアロマ、ヒーリング音楽にこだわっているサロンもあり、精神的な疲労感の軽減も期待できます。

4-2.肩こりや腰痛の改善

リラクゼーションサロンでは、リンパ流しやこわばった筋肉をほぐす行為も行われているので、肩こりや腰痛が楽になる可能性もあります。

4-3.美容効果

リンパを流す、血行を良くする、などの施術で代謝が向上する可能性があります。結果として痩身やむくみの軽減による小顔や美脚効果も期待できるでしょう。

5.リラクゼーションサロンへ行く時の注意点

リラクゼーションサロンへ行く前に、以下の点に注意してみてください。

5-1.リラクゼーション前後の飲酒について

リラクゼーションと飲酒は、一見どちらもリラックス効果がありそうなので良さそうに感じますが、実はいずれも体に負担がかかります。そのためリラクゼーション前後の飲酒は避けたほうが賢明です。

下記の記事で詳細を解説しておりますので、興味のある方はぜひお読みください。

関連記事

 

5-2.生理時のリラクゼーションについて

生理中リラクゼーションサロンへ行くには必ず気をつけたい注意することがあります。経血量が多い時期はマッサージ系のリラクゼーションは控えるほうが無難です。また生理前から生理中にかけて、肌荒れがおきやすくなります。このため、生理中にクリームやオイルを使う施術では、肌が通常よりも敏感に反応してしまうことも考えられます。

そして特に生理の前半は、頭皮への強い刺激やマッサージは避けましょう。生理中に頭蓋骨に強い刺激を与えると骨盤の働きに影響が出る場合があり、生理痛がひどくなる可能性があるからです。なお、リラクゼーション・マッサージによって生理痛を抑える効果が得られる場合もあります。

下記の記事で詳細を解説しておりますので、興味のある方はぜひお読みください。

関連記事

5-3.痛みをともなう場合

体がひどく疲れていて、強い痛みをともなう場合には、リラクゼーションサロンではなく医療行為を行うことができる接骨院やマッサージで相談してください。またまずは整形外科などを受診することもおすすめです。

6.まとめ

リラクゼーションとその施術が受けられるリラクゼーションサロンについておわかりいただけましたか?

  • リラクゼーションサロンは心身をほぐし癒す場所
  • リラクゼーションは心をリラックスさせ、体の疲れを改善する・リラクゼーションの種類
  • リラクゼーションサロン選びのコツ
  • リラクゼーションサロンへ行く時には注意すべきことがある

今回は上記の内容を解説しました。特にリラクゼーションの種類や選び方を参考にしていただき、心身の疲れをほぐし、癒してみてくださいね。

下記の記事もおすすめです。興味のある方はぜひお読みください。

関連記事

【初回ネット予約限定】最大2,000円割引!

【初回ネット予約限定】最大2,000円割引!